キャッシングの返済方法

キャッシング申込み教室の「キャッシングの返済方法」

キャッシングまでの流れ」はよく分かりましたか?
それでは「キャッシング申込み教室」の3時間目に入りますね。
キャッシング時の返済方式には、いろいろな種類があります。
一見するとややこしく見えますが、賢くキャッシングの申込みをする為にも知っておく必要があります。

リボルビング方式(回転信用)

キャッシングの利用件数や金額に関わらず、毎月の返済金額を一定額に設定して返済を行う方式。
キャッシング会社のほとんどがこの方式を用いています。
借入限度額まで繰り返しキャッシングすることができ、算出方法により、更に以下のように分類されます。

キャッシングの返済方法  【 元金定額リボルビング方式 】

元金に対する一定の額に各月の借入残高に対しての利息がプラスされた金額を返済する方式。

キャッシングの返済方法  【 元利定額リボルビング方式 】

毎月の返済額(元金に対する返済と利息を含む)を一定額にして返済する方式。

キャッシングの返済方法  【 元金定率リボルビング方式 】

元金に対してあらかじめ決まった定率で算出された金額にその期間の利息額をプラスした金額を返済する方式。
返済が進むにつれて月々の支払額は減っていきます。
定率での返済ということは、返済額が借入残高を超えることはありません。 従って、いずれかの時点で借入残高を一括返済しなければ、借入が無くならないことになります。

キャッシングの返済方法  【 残高スライドリボルビング方式 】

【借入金額スライドリボルビング方式】とも言われ、リボルビング方式の中で毎月の返済額が借入残高に応じてスライド(見直し)する方式。

たとえば、借入残高が10万円までは月々の返済額が5千円で、10万円以上20万円までは1万円、という具合に、借入残高が増えれば返済額も増えていきますが、返済額はその都度一定というもの。

残高スライドリボルビング方式には更に、
 ・残高スライド元金定額リボルビング方式
 ・残高スライド元利定額リボルビング方式
 ・残高スライド元利定率リボルビング方式
があります。

残高スライド元利定額リボルビング方式

残高スライドリボルビング方式において、借入残高によって毎月の返済額(利息額を上乗せ)がスライド(変動)する返済方式。
消費者金融で最も多く採用されており、単純に「残高スライドリボルビング方式」と記載されることも多い。

残高スライド元金定額リボルビング方式

残高スライドリボルビング方式において、借入残高によって利息を含まない定額がスライド(変動)する返済方式。

残高スライド元利定率リボルビング方式

残高スライドリボルビング方式において、借入残高によって、定率がスライド(変動)する返済方式。


元金均等返済方式

元金を返済回数で割り、そこに各月の借入残高に対しての利息がプラスされるた金額を返済する方式。
返済が進むにつれて、借入残高が減り、それに対する利息も減っていくので、毎月の返済額が徐々に減っていくことになります。

元利均等返済方式

毎月の返済額(元金に対する返済と利息を含む)を一定額にして返済する方式。
元金均等返済方式に比べ、返済当初は、利息部分が多く元金の減り方が遅く、総返済額が多くなりますが、返済当初の負担が少なくて済みます。
住宅や車などの高額ローンに多く用いられます。

分割払い(アドオン方式含む)

借入元金に金利と期間をかけて計算した元金と、それに対する利息を含めた金額を返済回数で割った金額を毎回返済する方法です。
借入金を元に利息の計算をするために実質金利が高くなり、利息負担がかなり割高になる場合がありますが、利息は返済回数に関係なく一定で計画的に返済しやすい点があります。

   

| キャッシング申込み教室 TOP | ページのトップ▲

Copyright © 2006 キャッシング申込み教室. All rights reserved